teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:10/440 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

第88回全関西結果

 投稿者:大川  投稿日:2015年 3月12日(木)18時47分59秒
  通報
  いつもお世話になっております。
3月7日から11日にかけて、第85回全関西学生スキー選手権が開催されました。
その競技結果を報告させていただきます。


<3月7日>
男子回転 チャンピオン大会
24位 森口敦  1年 58.62  58.34   1:56.96
28位 沢田雄介 3年 1:01.54 1:03.14  2:04.68
38位 木下大毅 3年 1:02.07 1:14.12  2:16.19
43位 大川颯太 3年 1:07.81 1:15.09  2:22.90
DNF   下口将太 2年

女子回転 チャンピオン大会
26位 金田しほり 4年 1:08.71 1:15.01 2:23.72

男子1部 30キロフリー
24位 古手川将大 2年 1:38:35.8
26位 池崎克彦  3年 1:52:39.2

女子1部 10キロフリー
14位 安井佑里花 1年 35:56.5

<3月8日>
男子1部 回転 学校対抗戦
21位 木下大毅 3年 1:01.06 1:03.05  2:04.11
25位 森口敦  1年 59.98  1:14.12  2:14.10
26位 宮本寛幸 4年 1:07.12 1:11.46  2:18.58
28位 大川颯太 3年 1:12.18 1:18.34  2:30.52
DSQ  下口将太 2年

女子1部 回転 学校対抗戦
30位 金田しほり 4年 1:56.55 1:15.08  3:11.63

男子1部 ノルディック複合(マススタート)
5位  瀧山祥希 3年 クロスカントリー15:38.2 119.2点(2位) ジャンプ5.4点(6位)
13位  加茂貴裕 1年 クロスカントリー19:11.1 66.0点 (12位) ジャンプ-10.0点(12位)

男子1部 純飛躍
8位  瀧山祥希 3年 1本目39.0m 2本目36.5m 合計得点110.4点
15位  加茂貴裕 1年 1本目30.0m 2本目29.0m 合計得点58.2点

<3月9日>
男子大回転 チャンピオン大会
30位 下口将太 2年 1:05.10 1:02.43  2:07.53
40位 森口敦  1年 1:11.23 1:08.26  2:19.49
43位 木下大毅 3年 1:11.66 1:09.33  2:20.99
58位 宮本寛幸 4年 1:19.02 1:14.63  2:33.65
71位 沢田雄介 3年 1:22.52 1:21.33  2:43.85
74位 大川颯太 3年 1:28.47 1:24.00  2:52.47

女子大回転 チャンピオン大会
24位 金田しほり 4年 1:17.98 1:16.24  2:34.22

男子1部 10キロクラシカル
24位 田村嘉彬  2年 38:20.3
25位 古手川将大 2年 40:01.1
28位 池崎克彦  3年 46:29.2

女子1部 5キロクラシカル
15位 安井佑里花 1年 23:03.1

男子1部 ノルディック複合(グンダーセン)
6位  瀧山祥希 3年 ジャンプ110.4点(8位) クロスカントリー27:12.0(3位)
14位  加茂貴裕 1年 ジャンプ58.2点(15位) クロスカントリー32:49.9(12位)

<3月10日>
男子1部 大回転 学校対抗戦
35位 森口敦  1年 1:09.11
37位 木下大毅 3年 1:11.65
40位 宮本寛幸 4年 1:19.38
41位 沢田雄介 3年 1:25.35
DNF  下口将太 2年

男子1部 1.2キロフリースプリント
25位 田村嘉彬  2年 準々決勝
32位 古手川将大 2年 予選
35位 池崎克彦  4年 予選

女子1部 1.2キロフリースプリント
15位 安井佑里花 1年 準々決勝

<3月11日>
男子1部 4×10キロリレー
8位 大阪大学 1走―古手川将大 36:38.5
       2走―田村嘉彬  36:15.6
        3走―加茂貴裕  38:17.8
        4走―池崎克彦  38:39.9
       合計タイム    2:29:51.9

総合成績
男子1部 総合8位(純飛躍9点+複合マススタート8点+複合グンダーセン6点+リレー1点=24点)
女子1部 総合9位(フリー1.3点+クラシカル0.7点+スプリント0.7点=2と2/3点)

男子部については、目標であった「1部残留」「国立勢トップ」のいずれも達成することができました。また女子部についても、復活1年目にしていきなりポイントを獲得できました。


この大会をもちまして、2014年度の主要な大会はすべて終了しました。インカレ・全関西ではともに昇格組ということもあり「残留」が大きな目標となっていましたが、目標よりもよい成績で残留を達成することができました。これからは次のシーズンにむけて頑張っていきたいと思います。応援のほどよろしくお願いいたします。




 
 
》記事一覧表示

新着順:10/440 《前のページ | 次のページ》
/440