スレッド一覧

  1. メンバー専用(26)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:30/2027 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

参考情報

 投稿者:執行部  投稿日:2019年 3月27日(水)11時54分2秒
  通報 返信・引用
  「本当に壊れちゃう」過労死したスーパー店員が出したSOSの意味 日本にはびこる「サービス残業」の闇
3/27(水) 7:02配信 WithNews
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190320-00000004-withnews-soci&p=3

「遅きに失した」パワハラ防止義務化、それでも「大きな一歩」な理由
2019年3月23日 WithNews 朝日新聞記者・牧内昇平
https://withnews.jp/article/f0190323000qq000000000000000G00110301qq000018869A?utm_source=yahoo&utm_medium=referral&utm_campaign=link_back&utm_content=related

<一部抜粋>
「相談窓口の設置」などが義務に
 まずは閣議決定された法案の中身をみていきましょう。

 パワハラ対策は今月8日に閣議決定された「労働施策総合推進法改正案」に盛り込まれています。法案から読み取れるパワハラの定義は以下の三点です。
(1) 優越的な関係を背景とした言動である
(2) 業務上必要かつ相当な範囲を超えている
(3) 労働者の就業環境が害されている(「就業環境が害される」というのは、身体的もしくは精神的な苦痛を与えられることを意味しています)

 上の三点を満たす行為について、法案は防止策の実施を企業に義務づけます。防止策の具体的な項目は法改正後に指針をつくって決めますが、以下のようなものが想定されています。

・「パワハラがあってはならない」という経営者の方針を明確にし、従業員に伝える
・就業規則にパワハラの懲罰規定を設けるなど、加害者を厳正に処分するルールを定める
・パワハラの相談窓口を設ける
・相談を受けた場合、すばやく丁寧に事実確認を行う
・相談者のプライバシーを守る
 
》記事一覧表示

新着順:30/2027 《前のページ | 次のページ》
/2027