teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


続々・FV4201、その35.5。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月23日(土)22時39分11秒
返信・引用
  …って事で、投稿枚数の制限から後回しになってしまった画像とか(ぇ。

今更ですが、チーフテンも改修を重ねてMk.10ともなると、
現代戦車としての風格が出始めているというか、
イギリス側でも装備車両の更新状況が分かりづらくなったのか(!、
この増加装甲(Stillbrew)を追加した車両は全て「Mk.10」と呼称されるそうです(ぉ。

…で、この後は左側面のサーチライトをTOGSに換装したMk.11と、
旧型式からのTOGS改修型であるMk.12がある訳で…その辺はまたいずれ。

では、今宵はこれまで。
…で、日報も(1日遅れですが)やっておこうかなと(汗。
 
 

続々・FV4201、その35。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月23日(土)22時28分47秒
返信・引用
  …何気に昨晩は寝落ちしていたという罠(爆。
…やっぱ体力が落ちた、という事ですかね…。

さて、ラス前の画像は3両揃い踏みの図ですが、
我ながらアレですね…(苦笑。

まあこれでチーフテンの総配備数が8台にまで伸びましたし、
残るストックは2個…どうするかなと(汗。

では、まずはこれまで。
 

続々・FV4201、その34.5。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)23時52分31秒
返信・引用
  …何気に連投。 <割と投稿をサボり気味なので

さて、追加画像ですが、絵になるポイントを探ろうとしていたのが
先記事の投稿になるのですが、全体とか後面とかの画像も有るので、
こうして画像がある訳で…。

まあ、結局自分もこのカラーリングが気に入っているのかなと(笑。

では、今宵はこれまで。
 

続々・FV4201、その34。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月21日(木)23時48分19秒
返信・引用
  …何か地味に忙しいな…(ぼそ。 <前回も言いました

さて、3個目はBATUS仕様のカラーですが、
1980年代ともなると演習時のプレート(本作では「22」の看板)が
付いている事が多い様で、まあこれ、実車の資料の手持ちが少なくて、
もしかしたらこのカラーリングはアグレッサー部隊のカラーなのかな、とか。

(航空部隊でのアグレッサー仕様は教官レベルのベテランが操縦する事も有り、
結構派手めなカラーリングを施した機体が多いみたいです、
それと同じ理屈なら訓練部隊も違う迷彩が…って事になるので)

では、まずはこれにて(ぇ。
 

続々・FV4201、その33。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月20日(水)23時45分58秒
返信・引用
  …思っていたより時間が取れないな…(ぼそ。
そんな状況ですが続きです。

さて、今回は三度の登場となるNATO迷彩タイプですが、
一般的であるが故にか、或は各社のプラモパッケでの使用例が少ないからか、
一番一般的な迷彩スタイル、という認識が薄いみたいで、
…毎回作っている割に人気が薄いんですよね…(苦笑。

このスタイルは2017年時点でのチャレンジャー2の本国仕様でも
採用されているっぽい(画像的にはイラク戦争以降の黄色系デザートカラーが
露出が多いのですが、欧州地域での演習時等でよく見かけるかも)ので、
認識を改めねば、とか。

では、今宵はこれまで。
 

続々・FV4201、その32。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月19日(火)00時12分21秒
返信・引用
  …って事で、今回から暫く塗装編前のテスト画像が続きます。
うん、まあ、次回作とか更新の準備も有るんですが…(汗。

さて、まずは今回のメインとなった?元祖都市迷彩バージョンですが、
配色から察するに、青グレー:アスファルトないし石畳、
ブラウン:屋根瓦ないしレンガの色、白:壁とか白線?をイメージしているのかなと。

後にレオパルト2でもこれとコンセプトの似た?デモ車両が有り、
そっちもかなり目立つカラーパターンですが…こいつも目立つなと(苦笑。

一応ですが、この都市迷彩タイプのMk.10は,
BAOR(British Army Of Rhine=イギリス・ライン軍団)所属のベルリン駐屯部隊で
試験運用された車両で、冷戦真っただ中の最前線にいた車両な訳で、
まあ確かに、ソ連側から見れば目の敵にされる訳だなと(ぉ。

では、ウンチクはこれくらいにして(!、続きはまた後日。
 

続々・FV4201、その31。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月15日(金)22時48分44秒
返信・引用
  …まで来て、作業がようやく完了となります(をぉぉ。
…結局まるっと2ヶ月はかかった感じになりますかね…(遠い目。

さて、ラストの作業はフラットアース(上面系)とバフ(足回り)による
ウォッシング作業になりますが、まあいつも通りですね…。
画像は2種類用意してみましたが…雰囲気が変わって見えるかなと(汗。

作業的にはこの後、艶消しコートでエナメル塗料を定着させたうえで、
再度クリアの上塗りをし、最後はフェンダーミラーにいつもの?
アルミテープを貼って完成となります(3枚目)。

そんな感じで漸くの完成ですが、連載はもう少し続きます。
この後は撮影編ですが、台風も接近中みたいですし、どうなるかなと。

では、今宵はこれまで。
…日報の準備をせねば…(脂汗。
 

続々・FV4201、その30。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月14日(木)23時52分16秒
返信・引用
  …塗装編に入ってから記事件数が増えましたね…
ぼつぼつ終盤なのですが、続きです。

さて、今回はペリスコープやライト部等のクリア塗装になりますが、
作業上で一旦塗装を剥がしてクリアパーツの地を生かした?のは
砲塔部のサーチライトとパトランプ部のみで、
他は銀地に各種クリアーでの仕上げにしています(ぇ。

…や、まあ、面倒ってのも有るんですが(!、
銀地の方が光を反射して自己主張するので…(汗。

では、今宵はこれまで。
 

続々・FV4201、その29。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月14日(木)00時13分5秒
返信・引用
  …もうこんな時間か…既に日常化しておりますがっ。

さて、段々と細部の塗装に入っておりますが、
今回は消火器の赤ですね、例によって「俺サイン」的なものですし、
実車は基本光沢のある緑で塗られておりますので、
考証に拘りのある方はそちらで塗られてみてはと(汗。

では、今宵はこれまで。
 

続々・FV4201、その28。

 投稿者:仕事中毒@工房管理人  投稿日:2017年 9月13日(水)00時18分18秒
返信・引用
  …ちと間が空いてしまいましたが…実作業は…(謎。
まあ、画像整理もまだなんでアレですがっ。

さて、今回は砲身部のサーマルジャケットを塗っていきますが、
今回のMk.10は全部黄色系で纏めています。

2枚目に塗料瓶が出ていますが、ダークイエローの下地から、
黄土色、セールカラーでドライブラシで仕上げてみました。
グリーン系の車体色とコントラストがアレな気もしますが、
…まあ今回はこれで(汗。

では、今宵はこれまで。
 

レンタル掲示板
/188